FC2ブログ

頭蓋骨とアンチエイジング

 11, 2006 12:49

シワ・タルミ・クスミといった人を老け込ませる問題282

こういった問題の多くは顔面の筋力低下・潤いの不足によっておこります。
大抵の人が悩みやすい問題ですが、同じ年でもかなり深刻度合いに差が付くと思います。
表情が乏しい人は筋力低下が進み、タルミやすくなりシワも下に下がるような付き方を
していきます。
元々乾燥肌という人も肌に弾力がなくなりやすく、シワがよりやすくなったり、
透明感がなくなり肌がくすんできます。
この問題を解決するのに有効なのはまず顔面の筋力をUPさせることです。

一番有効なのは表情を豊かにしていくことです。沢山表情を使うことで顔面の筋力が
鍛えられて、良く笑うことで口角も上がるので若々しい印象にもなります。
筋力が鍛えられるともちろん顔がリフトアップするのでほうれいのシワやタルミに
とても有効ですが、筋力UPすると新陳代謝が上がりターンオーバーがきちんと行なわれ、肌の
クスミがとれやすくなり透明感も出てきます。

また、筋力低下の原因として神経伝達の悪さもあります。
顔面の筋力を支配しているのは第7脳神経(顔面神経)です。
この神経伝達が悪くなってしまうと自然と表情が乏しくなったり逆に強張ったような表情に
なってしまいます。疲れてくると時々頬などが痙攣することがあると思いますが、これも
伝達の不具合から起こります。さらに瞳の潤いも少なくなってしまいます。

また、肌が乾燥しやすい人は内臓の機能が充分に働いていないことも考えられます。
老廃物や毒素を排出し、新鮮な栄養を吸収することが不充分だと肌は潤いがなくなります。
内臓を支配している第11脳神経(迷走神経)の伝達不良により内臓の機能が低下することで
 小じわが増えやすく、くすんだ顔色になってしまいます
頭蓋骨が歪むことで、顔面神経・迷走神経の伝達に不具合が生じてしまいます40

同じ年でも、自分の身体が持っている機能を存分に使っているか、使い切れていないかで、
見た目の年齢や身体の中の年齢に大きな差が出てきます。

良く笑い、良く感動し、良く泣き、美味しいものを食べて、良く寝ることで、
頭蓋骨歪みを取り除き、表情を沢山使うことで、シワ・タルミ・クスミ等の美容障害は
解消されてきます344

でもなかなかストレスを溜めないようにすることや、今まで溜め込んだストレスを
解消出来ない時は頭蓋骨を矯正して歪みをリセットしていくことが大切です

小顔・美肌・ゆがみ・アンチエイジング・ボディメイクのことなら
美容矯正 フォリウム
美容矯正サロン フォリウム(東京/品川)

スポンサーサイト



Tag:頭蓋骨 歪み シワ クスミ たるみ

COMMENT 0

WHAT'S NEW?